知浦伸司

人の意識も体も常に自分の体験からくる感情や周りの環境に共鳴し、反応しています。
自然のエッセンスに触れるとき、私たちと自然は響き合い安らぎの世界が広がっていくのを感じます。
心の内に平安が訪れるとき、自分本来の輝きを取り戻し、その美しい波動は周りに共鳴し、新たな世界を映し出してくれるでしょう。

知浦伸司(ちうらしんじ)
サウンドデザイナー
島根県出雲市生まれ
有限会社アンパオ代表


東京六本木「自由劇場」にて舞台芸術に携わる。
1979年よりニューヨークにてパフォーミングアートを学ぶ。このころよりニューエージに興味を持ち、解放された状態での即興演奏を始める。
その後アメリカ ワシントン州ロペズ島の自然の中に拠点を移し、自然のハーモニーを感じながら音楽/アートワーク/モダンダンスとのコラボレーションを中心とした創作活動を始める。
1986年に帰国。アンビエント・環境音楽/映像/サウンドデザインの製作に携わる。
1998年八ヶ岳に移住。自己との対話の中から次のステージに進むきっかけを得、スピリチュアルな体験をベースにヒ−リング、瞑想音楽の創作を始める。
2005年ファーストソロアルバム「Blue Forest」を発売。その後イメージワーク用に企画された瞑想音楽「ヨガ・ニドラ」シリーズをリリースする。シンセサイザーをはじめ多様な音源から織りなす波動は独自の世界観を見せ、その音楽はヒーリングからアンビエントを幅広くカバーし、ジャンルを超えた魅力をもっている。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

5商品中 1-5商品

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

   
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
赤字:定休日
青字:臨時休業日

モバイルショップ